tone


“ワードローブにずっと置いておきたい服”をコンセプトに掲げ、日々の生活のなかに自然に溶け込む着心地のよいコレクションを提案。

特にブランドのアイコンでもあるニットは、糸やテンションにこだわり、一度袖を通すと誰もが納得できる心地よさを追求している。