GREGORY ISAACS T
GREGORY ISAACS T
GREGORY ISAACS T
GREGORY ISAACS T
GREGORY ISAACS T
GREGORY ISAACS T
GREGORY ISAACS T
GREGORY ISAACS T
GREGORY ISAACS T
GREGORY ISAACS T
GREGORY ISAACS T
NEXUSVII.

GREGORY ISAACS T

通常価格 ¥13,200
/
税込

NEXUSVII. 20th.anniversary project.

第一弾は”GIMME FIVE”とのスペシャルコラボレーション。

180cm / 着用サイズXL

 

Gimme Five

Founded in 1989 by Michael Kopelman, Gimme Five have built narratives and found function and beauty around each of our chosen brands.

Committed to the here and now rather than focusing on past glories, our aim is to build and maintain an ever-evolving platform for the very best.

We follow our own pathway. We connect, represent, broadcast, exhibit and design. We cherish authenticity and let the products speak.

Michael Kopelmanによって1989年に設立されたギミー・ファイブは、私たちが選んだ それぞれのブランドの周りに物語を作り、機能と美しさを見出してきました。 過去の栄光にとらわれることなく、「今、ここ」を大切にし、常に進化し続ける最高のプラットフォームを 構築・維持することを目指しています。

私たちは独自の道を歩んでいます。 私たちは、繋がり、表現、発信、展示し、デザインします。私たちは、本物を大切にし、製品に語らせます。

Dick Jewell

Dick Jewell is an artist / film-maker and active as a camera man in both the fashion and music industries.
He has also published threebooks, Found Photos (1991) Hysteric Glamour ( 2001) and Four Thousand Threads (2015). His first solo exhibition was at the Chapter Arts Centre in Cardiff in1980 soon followed by group shows
at the Stedelijk Museum in Amsterdam
and the Serpentine Gallery in London. In the 80’s he ran a record label in London called PRE,
releasing and designing the works of artists such as Gregory Isaacs
and Prince Far I. Dick also involved and worked with the promotion of artists such as Neneh Cherry and Massive Attack.

His films have screened at the Raindance and Commonwealth Film Festivals in the UK, and in art galleries including in recent years the Venice Biennale, Tate Liverpool, MOMA Sydney, the ICA and the V&A Museum.
Selected public collections include Victoria & Albert Museum, The Open University, Stedelijk Museum,
Froebel Institute, Newport Museum,Whitworth Art Gallery, Leeds City Art Gallery, Camden Libraries,

Dudley Museum, Arts Council of G.B and The Hayward Gallery.

Dick Jewellは、アーティスト/フィルムメーカーであり、ファッション業界と音楽業界の両方で カメラマンとして活躍。
また、「Found Photos」(1991年)、「Hysteric Glamour」(2001年)、「Four Thousand Threads」(2015年) の3冊の写真集を出版。 1980年にカーディフのチャプター・アーツ・センターで初の個展を開催し、その後、アムステルダムの ステデリック・ミュージアムとロンドンのサーペンタイン・ギャラリーでグループ展を開催。 80年代には、ロンドンでPRE.というレコードレーベルを運営。

Gregory IsaacsPrince Far Iなどの作品をリリースし、デザインも手がける。 また、Neneh CherryMassive Attackなどのプロモーションにも携わる。

ディックの作品は、イギリスのレインダンス映画祭やコモンウェルス映画祭で上映されているほか、 近年ではヴェネチア・ビエンナーレ、テート・リバプール、MOMAシドニー、ICA、V&Aミュージアムなどの アートギャラリーでも上映されている。
主なパブリックコレクションには、Victoria & Albert Museum、The Open University、Stedelijk Museum、 Froebel Institute、Newport Museum、Whitworth Art Gallery、Leeds City Art Gallery、Camden Libraries、 Dudley Museum、Arts Council of G.B.、The Hayward Galleryなどに所蔵されている。

FROM MICHAEL KOPELMAN

I met Dick in the 80’s. He was friends with Mark and James Lebon .
They were making a film called Headcases and they wanted to film inthe garage below my flat.
I began to notice Dick’s work after that.
Mark and James had some of Dicks prints and I bought his book Found Photos and his print The Marilyn Myth. I worked with Nobu Kitamura of Hysteric Glamour and Dick on the book he made for them of the same name. I am a fan of Dicks work and films to this day.

My hope is that Dick will have an exhibition in Japan in 2022 and that I will be there.

MICHAEL KOPELMAN(Gimme Five)より

Dickとは80年代に出会いました。彼はMarkとJames Lebonの友人でした。 彼らは「Headcases」という映画を作っていて、私のアパートの下のガレージで撮影したいと言ってきました。 それ以来、Dickの作品に注目するようになりました。 MarkとJamesはDickの作品をいくつか持っていて、私は彼の本「Found Photos」と

作品「The Marilyn Myth」を買いました。
私はHysteric Glamourの北村信彦氏とDickが作った同名の本で一緒に仕事をしました。 今日に至るまで、私はDickの作品と映画のファンです。 2022年にDickが日本で展覧会を開催し、私がそこに参加出来ればと思っています。

店舗と在庫を共有している為、

ご注文の商品が確保できない場合がございます。

上記の場合にはご注文をキャンセルさせて頂きます。

お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、

予めご了承頂けますよう、宜しくお願い致します。

上記の点が発生した場合はご連絡をさせて頂きます。

土・日・祝は発送業務のお休みを頂いております。

ヤマト運輸での発送となります。

商品が不良品の場合や誤配送の場合のみ、

返品をお受け致します。

検品には努めておりますが、破損がある場合は

お問い合わせフォーム又はお電話より

不良箇所をご連絡下さい。

 完売商品の場合は返金対応となります。

 お問い合せを頂いてから2-4営業日内に返信致します。

返品・交換について